優秀な人材の給料は絶対に下げられない

公開日: 


今「最低賃金1500円!?ソレやったら企業は立ちいかなくなり社会は…」
1960年「最低賃金を決める!?ソレやったら社会は…」
1940年「児童労働禁止!?ソレやったら社会は…」
1920年「賃金を月1で払え!?ソレやったら社会は…」
1910年「傷病・死亡手当!?ソレやったら社会は…」

実際少子高齢化で立ち行かなくなってんだから何も間違ってねえんだよな

むしろ先進国の社会が全部立ち行かなくなってんのを、まだ行けるまだ行けるって移民入れながらチキンレースやってるのが現状でしょ。なにまだ行けてるみたいな面してんの

氷河期世代がなんで氷河期かって「この不景気に、今の時代の福利厚生で人を採用したら潰れる」っつー判断で取らなかったわけで、それが職歴・職業技能の欠如した人間を大量生産して、棄民に繋がってるわけで、そこはちゃんと認めないといけないよ。労働環境が嫌なら起業するルートは常にあるんだから

ちゃんと企業家の言うとおり、大勢の人間が年収300万の共働きになって、国民総貧乏になったんだよな。なんでかっつーと「優秀な人材の給料は絶対に下げられない」からだよ

年収1000万と500万と200万が居て「最低を300万にしろ」ってなると絶対に1000万・400万・300万になる

「なんで1000万の奴を下げないの?」ってそりゃおめえ絶対に取られたくないからこそ1000万も払ってるわけですよ。そこを900万に下げて取られたら本末転倒じゃん。会社潰れるし最悪だよ

それだったら痛くとも死にはしない500万の奴の年収を下げるしかない

「でも500万→400万にして辞めたらどうすんの?」

そういう時は年収1000万の奴だけ残して、300万をクビにする。そしてビジネスの規模を1周り縮小して存続するんだわ。なにも難しい事じゃない。優秀な奴を離さなければビジネスの規模を縮小するだけでいい

経営者にも大前提として「年収を維持する」というのがあるわけ。それだけやるんだったら、強い奴を高い年収で雇って、小規模ビジネスを回すのが圧倒的に楽で強い。

勝手に稼いでくれる人間に1000万払うのは、クソ雑魚3人に300万づつ払いながら四苦八苦するより圧倒的に安定する

でもまあそれはそれとして、若い奴を育成するってのは何かと得る物があるし、そのついでにビジネスが大きくなるなら一石二鳥だ。だからリスクが低いんだったら、多少無駄なリスクを取ってでも人を雇っていく。それが雇用に繋がり社会を潤して行くんだ

ただ最初から年収が〇〇で、権利がこれだけあって、となるとかなりリスクが高い。だからクソカスは絶対に雇えないからもう明らかに「すぐ使い物になる人間」だけを取って行くしかない。その結果特定の奴はアホみたいに内定貰えるけど、そうでない奴は全然ダメという極端な社会になる

例えばソシャゲで「カード1枚につき毎月素材を支払う必要があります」ってなったら、まず最初に★1は手放すじゃん?

じゃあ次に「最低必要素材が2倍になりました」って言ったら★3の使えない奴とか手放すじゃん? ★4★5は素材高くても絶対離さねえだろ。そういうことだ

もうそういう「毎月維持費がかかるゲーム」になると、★1とか★3とかが生き残ろうと思ったら、キャラクター性しかない。プレイヤーに好きになって貰って、維持してもらうみたいなね。それがいわゆる「コミュ力重視採用」な

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑