「カロリー:入手難易度」の比率が崩れた食い物は人間を豚にする

公開日: 


食い物の太り易さはおおむね「カロリー:入手難易度」比で決まる。カロリーが低くても簡単に食えるやつは太りやすく、カロリーが高くても中々食べられないやつは太りにくい

具体例を出すと、田舎の人間がラーメン二郎で太る事はまずない。街に出て食うまでの過程がしんどすぎるからだ

「カロリー:入手難易度」の比率が崩れた食い物は人間を豚にする。

最寄りのラーメン二郎から150㎞離れた所に住んでる人間を二郎が太らせることはまずない。だが、お前の部屋に『無限にかっぱえびせんが湧いて来る皿』が現れたらヤバいだろ。間違いなく豚コースだ

つまり「簡単に手に入って、楽に食える、そこそこのカロリーの食い物」が一番ヤバいのである。簡単さと楽さから食い続けて際限なく太る。1分で食えるものを家に置かない事、精神力に頼るダイエットは長続きしない。まず手軽に食えるものを置くな

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑