日本と中国が戦う場合

公開日: 


日本vs中国、兵器テクノロジーではまだ優性であるが、ITを通じた電子戦と、それも人海戦術による力技のネット回線破壊となると、常にアメリカに攻撃して実戦経験を積んでる中国と、日本のIT防衛力で勝負した場合、即座に全インフラを潰されて国民生活破綻からの終戦になる可能性がそれなりにあるのでは

よく「日本は海に囲まれているから大丈夫」というが、現代戦においてそれは「海底ケーブルをブチ切られたらマジで詰む」という事であり、地上インフラで複雑に繋がっていて、一部を切られても迂回ルートのある内陸国に比べ、島国は情報戦の防御力がかなり低く、ネットから孤立させられやすい

それと、中国は別に日本に到達する必要は無く、延々と海上貿易を邪魔し続けるだけで日本はかなりのダメージを受ける

人海戦術で商戦をちくちく沈めて、自衛隊が近づいて来たらガン逃げという戦略を1年も取り続ければ日本は徐々に物資が不足し始め、生活レベルが大幅に下がる

このへん日本と中国が戦う場合は本土決戦よりも「互いの貿易をいかに邪魔するか」という戦いになるんだよな。本土を殴るとなると、中国は広すぎるし、日本は山が多すぎる。お互いクソ地形過ぎてどうにもならないので、核抜きなら貿易を潰し合って先に根を上げた方が勝ちみたいにしかならない。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑