「バカが納得しやすい制度」は「正しい制度」よりもずっとずっと成果を出す

公開日: 


大企業で育休やるから、そのしわ寄せが中小企業に行って、かえって子供減るんだわ。上がやらないと下も変わらないっつーけど、じゃあ貴族が贅沢してた中世は下々も似たような贅沢をしていたのかっつーと別でしょ。全員同時にできない制度には意味ねえの。世の中は少しずつ変わったりはしない

「バカが納得しやすい制度」は「正しい制度」よりもずっとずっと成果を出す。人間は納得したときに力を発揮するからだ。

ゲームで「定期的に休まないと経験値ペナルティ」は全ての人間のやる気を奪ったが「定期的に休むと経験値2倍ボーナス」は数値上同じでも多くの人間に受け入れられた

つまり、科学的に正しい考え方、倫理的に正しい考え方、なんてのは全く何の価値も無いゴミでしかないのだ。まだ「神様が見てるから真面目にはたらけ」という科学的に何の根拠もない理屈のほうが「総生産力」や「総幸福量」を押し上げることが科学的に証明されている。皮肉なことにな

科学は「物理的な力」として発揮されるべきなのだ。科学的な理屈で世の中を変えようというのは完全に間違っている。同じ理屈なら、宗教的な理屈の方が、科学的な理屈よりもずっとパワーがあり、生産力や幸福の向上に寄与する。科学はエンジンを回す為のもので、人を動かすものではない

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑