正しく怒る

公開日: 


「正しく怒る」というのも結構難しくて、例えばイケメン高年収男に殴られたババアはエロ漫画描いてるオタクに怒り散らすし、美女に騙されたおっさんは同僚の女に嫌味を擦り付けるわけで、正しい相手に怒れる人間と言うのは稀で、大抵の人間は「身近に居る似たような属性を持った他者」に怒るようになる

これは何も人間の間だけではなく、例えば「犬にかまれたから犬嫌い」などにも該当する。しかしこうした怒りのエネルギーの転用、偏見と言ったものは、自己を守る上で非常に重要な役割を果たしているので蔑ろにもできない。この怒りや警戒の転用ができない人間は蜂に何度でも刺されて死ぬ。

つまり自然状態の人間は怒りや偏見に対して無能無力なので、意識して「今回は個体の問題」「今回はその属性を持つ存在全体の問題」とコントロールできるようになる必要がある。

偏見をぶちまけてはいけないが、100万匹の蜂を1匹づつ確認するようでは命が持たない。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑