現実は「怒鳴る」は日本では相当有効

公開日: 


穏やかに交渉したら、何にもせずに済まそうとされ。なんで対応しないの?と言ったら「お客様が穏やかに話されていたので怒ってるとは全く認識出来ず適切な対応ができませんでした」と言われた。

嫌な話だけど、現実は「怒鳴る」は日本では相当有効で、いきなり怒鳴りつける人が存在するのって、丁寧に交渉する人を後回しにしている現場の無能さのせいなんじゃないの?ってすごーくおもってる。怒ってると分かりやすく認識できる人の事しか対応しないから。

ちゃんと大声を出して威嚇して怒鳴るという「態度アピール」をしておかないと、「この人は怒ってる」と認識出来ないプログラムが埋め込まれてるのが日本人だと知った時の衝撃…

怒鳴らなくても分かるとか言ってる奴の95%くらいが怒鳴らねえと動かないカスなのに、怒鳴って動かしてやる必要があるが、わざわざ動かしてやったのに感謝するどころか後で苦しむでしょ「リベラル教育ってクソだな」という感想しかない。天才向けの教育を凡人に施したせいで苦しんでるわけだよ

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑