大学無償化せんでもええんや

公開日: 


親に給料やれば大学無償化せんでもええんや。若い親から散々金を奪って苦労させたあと、子供が大人になる18年後に600万やるなんて、最低最悪やぞ、少々利子がついたって全然割に合わん。18年間600万円を年利3%で投資したら1020万やぞ。先にお金を取るってそういう事やからな

大学無償化なんかせんでも、ただただ税金を下げまくって「世の中をお金が回るようにする」だけでええんや。そうすればそもそも大学行かんでも豊かに暮らして行ける。そうなれば精神に余裕ができてマナーも良くなり文化を楽しむ余裕もできる。総税率30%を超えた税金は世の中を良くする事は決してない

「大学に行かなければ就職できない」のは税金のせいで金が回らず、経済の状態が悪いからや、経済の状態が悪いから企業は人を余分に雇えない、だから大学卒業者に絞って採用しとるんや。

税金のせいで大卒しか暮らせない世の中になって、それで税金で大学へ行かせてやる? バカにしとんのか

ただただ税金を安くするだけで全て解決するんや。税金が安ければ経済に余裕ができる、経済に余裕があれば採用基準も甘くなる、そうなれば大学などそもそも必要無いから無償化も必要無い。みんな幸せになる。大体これからの時代、劣化Wikiみたいな人間に価値なんぞあるかボケが

もともと魚の名前を言えるとか、野山の草の名前を知ってるとかいうのは、芸術的にも文化的にも何の価値も無かったけど、これからは更にそれが浮き彫りになる。スマホに向かって「この花何?」って聞けば教えてくれるからな。ウザ絡みしてくる半可通より、スマホの説明を楽しく聞ける人のが価値がある

なんも目的なくて興味だけで研究してるバカを全員ん研究所から叩き出して、社会に問題を感じてて、それを解決したい人間に解決方法を研究させるべきなんだよ。遊びじゃねえんだから。遊びでやりてえなら私費でやれよ。研究道のつもりか? クソボケ共が

日本人すぐ道に行っちゃうでしょ。バカだから。そうじゃねえよ税金で研究する理由は国際競争に日本人を勝たせる為ただ1つですよ。それがクソみたいな研究を続けて国際競争に貢献しないんだったら、そらもう全部潰して良い。ノーベル賞みたいな役割が終わってる賞取って浮かれんのもやめろ

義務教育=>起業出来るスキルすらつかない=>大学進学=>起業出来るスキルすらつかない=>就職するしかない=>会社が大卒しか雇わない=>大学に行くしか無い=>大学無償化でどうにかしよう(New!!)

結局、日本人って利己的なんだよね。口先だけは一丁前だが、研究者だって自分の興味のある事しかしない。こんな利己的な研究者世界中を探したって日本人だけですよ。アメリカで日本人研究者みたいな事をしてたら公共財の私的利用みたいな感じで糾弾されるわ

んでどこに問題があるかって、管理者に問題があるんですよ。研究なんてものは「社会を良くする為にやる」という明確な目的をもってやるもので、それが達成できないとか、する気の無い研究者はブッ潰さないといけない。カミオカンデようやく潰したでしょ。今更かよっていう

最近は随分と人間の平均知能が上がって来たから、この手の研究道というモラトリアムを続けてるだけの無能なおっさんに疑問を感じる人間はずいぶん増えて来たし良い事だと思うよ。

あのね、すげえ当たり前だけど、成果出す奴はペース守ってちゃんと成果出すの。数十年続けてようやく1個なんてねえから

研究ってのは順序があるんだよ。コンピュータの進歩がまず重要で、進歩したコンピュータがあれば30年かかる研究が3週間で終わるようになるわけで、そこでハッキリ言ってしまうなら「コンピュータの進歩を待たずに27年前から研究してるバカ」って存在価値無いわけよ

今日までそういう価値の無いものにずーっと無駄な金を注ぎ込んで来た結果が、無駄な金を浪費するキモヲタ研究者と、彼らを見て「学問は何もかも無駄なゴミ」みたいに言う一般人が生まれたわけよ

そらそうよ本当に無駄なんだもん。一般人から金搾り取って、バカに無駄な研究させてる訳でしょ

親からすれば大学4年という時間に、授業料600万、入学するために塾や勉強だで時間も金も注いで、その結果がキモヲタ研究者のモラトリアムを伸ばし、子供を無駄なプライドとゴミ知識の塊にするわけでしょ。これを2~3世代も続けりゃ「大学と学問を潰そう」ってなるのは当然の流れだろ

知も文化も素晴らしい価値があるが、クソ研究者やクソ文化人共が、せっせと「知も文化も何の役にも立たないゴミです」と全身で表現し続けてくれたおかげで、今の世の中にはそれらに価値を感じない人間が大勢生まれてしまった。彼らにはその責任の代償を払ってもらうべきだろうな。

そもそも実用レベルのコンクリートが無い時代に「巨大なビルを建てる研究」なんてやっても無駄やろ。そもそも材料が無いんやから机上の空論や。そしていざコンクリートが生まれた後は、実際にそれを使用した場合の現実的な工程を考える必要がある。研究には順序がある。

そして何時の時代でも成果を出すのは「テクノロジーの順序が見えている天才」だけや。ゴリ押しで開発するようなのは役に立たん。今のテクノロジーに何が必要で、何があれば社会が一歩前進するのか、そういう発想のできん奴はアホだし、アホに投資するのは知への投資ではない。

ニュートリノの研究なんか、そもそも原子を組み替えて分子を生み出すのに四苦八苦しとる段階でやっても全く何の価値も無いし、周りの研究が発展したら別に今ほど苦労せんでも勝手に解決する問題を他を捨てて今やろうなんてアホでしょ。只の研究者の娯楽で公益性とか全く無いやんけ

そりゃアートならね、3Dプリンタが出来る以前に、とんでもないコストと技術で奇抜な彫像作って世の中を驚かせればOKだよ。美術館にでも飾れば文化として人々を刺激するだろう

「それを科学でやるな」って事だよ。アーティスト崩れのクソカスが科学の看板借りて好き勝手やりやがって

「驚かせるだけ」「興味を引くだけ」なら文化や芸術で良いんだよ。そうじゃねえだろ。人々の役に立つっていう体だから文化や芸術と別に科学予算を付けて貰ってんだろうが。それで「役に立つか分かりません」なんて、芸術家ですら「芸術は人の心を豊かにします」くらい言うわ。背任も大概にしろクズが

あと、学屋は「どんな研究でも最初は役に立たなかった」とかいう、自分達に都合の良い嘘を撒き散らしてるけど、実際の研究において、成功に至った研究は最初の一歩目から既に成功への道筋が十分あるからな。

ドラマにする時に「偶然」とか「初期の不遇」とか強調されるけど真に受けるなよ

そりゃごく一部に「偶然」とか「思いもよらぬ転用」とか「何十年もの長期研究」ってのがあるけど、大多数の研究成果は

1.それが可能なテクノロジー段階に到達した時代
2.十分な頭脳を持った人間
3.3~6年の研究

これで完成してんのが殆どだから

そして成果に到達した人間から見た先行研究なんざ「バカ共が適当に書き散らしやがって雑音じゃねえか」だよ。いつか人類の為に役に立つなんてこたーなくて、実際のところ成果に到達して実運用されない研究は「データが間違ってる事が殆ど」だからだ

部分的な研究は全く無価値で「完成して実運用された中から集められたデータ」のみ価値がある。

ゲーマーに分かりやすく説明するなら「発売された後にようやく致命的な問題点が見つかる」という奴だ。発売せねば分からん。それは研究でも同じだ。完成させねばデータは取れん

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑